TOP > 日本酒について

日本酒について

日本酒の製造技術が向上し、様々な場所で日本酒が作れるようになりました。歴史ある酒蔵から、最近酒造りを始めた酒蔵等、その数は増えています。 しかし、増加する傾向であればあるほど何をどのように選べば良いのかわからなくなります。なので、今回は皆さんが良く耳にする言葉について、説明をしていきます。

大吟醸、純米吟醸、本醸造・・・と名称がいろいろありますが、その違いは日本酒を製法 (精米歩合 、麹歩合、アルコール添加量など ) により、区分したものです。その区分については以下の通りです。

<大吟醸酒>

精米歩合50%以下、麹歩合15%以上、若干のアルコールを添加。

<純米大吟醸>

精米歩合50%以下、麹歩合15%以上、アルコール添加をしていない。

<吟醸酒>

精米歩合60%以下、麹歩合15%以上、若干のアルコールを添加。

<純米吟醸酒>

精米歩合60%以下、麹歩合15%以上、アルコール添加をしていない。

<本醸造酒>

精米歩合70%以下、麹歩合15%以上、若干のアルコールを添加。

<純米酒>

精米歩合による規定はない、麹歩合15%以上、アルコール添加をしていない。

いかがでしたでしょうか。
今回のご紹介した内容では、まだほとんどの方ネーミングによって、違いがあるという認識になって頂けたのではないでしょうか。

お酒は歴史があると共に奥が深いです。是非一緒に歴史の探究の旅に出て行きましょう。