TOP > 日本酒と美肌/瓶詰の日本酒

日本酒と美肌

日本酒は、他のお酒を飲んだときよりも、通常の体温より2℃ほど高い状態が続きます。意外かもしれませんが、このような事が起こるのです。

そして、体温が高くなると、皮膚の表面の血液循環が良くなるため、栄養分もからだ全体に行き届き、肌のつやも良くなる効果があると言われています。他の例で言えば、低体温の人は鬱になりがちと言う事で生姜紅茶などを飲む人もいるくらいですからね。ちなみに、日本酒は温めなくても同様の効果が得られます。

瓶詰の日本酒

昔、日本酒は大樽から量り売りされていましたが、手間と品質の問題から、明治11年、瓶詰の日本酒が登場しました。当時の瓶は、今の一升瓶とは形も異なり、非常に壊れやすく、輸送にはかなり手間取りました。一升瓶の登場は明治42年。その後、様々な形の容器で売られるようになりました。

FkxlIED935a8WUrXYmSTaBcXZ7o4QBfbnhz6GhHhChg,6bMNR9yelheJsTblzLotNcJj1Zo3CrkwTdWez8BA_eM.jpg